04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

ノーベル賞・山中伸弥先生とスピルバーグと安井算哲の共通点<逆境を超えて・PART2> 

山中伸弥先生、ノーベル医学生理学賞の受賞おめでとうございました。

山中先生に関する記事を読んでいて、ふと連想した人が二人います。

それはこれまでのブログでご紹介した映画監督のスピルバーグ(10/5のブログをご参照下さい)と、日本で初めて暦を作り上げた安井算哲です(9/10のブログ9/30のブログもあわせてご参照下さい)。

<一人目:スピルバーグ>

山中先生自ら述べておられるご自身のエピソードとして、研修医になりたての頃手術が下手で口の悪い先輩からは、邪魔ばかりで役立たずの「ジャマナカ」と呼ばれたそうです。

その後研究者として転身され、iPS細胞の研究に進まれ現在に至っておられますが、その過程は紆余曲折であった様です。

まさに逆境を超えてノーベル賞という大輪の花を咲かされました。

前述のブログでご紹介したスピルバーグも、学習障害の逆境を乗り越えて偉大な映画監督になりました。

逆境を乗り越えた人はその先に素晴らしい夢が待っている、私にはそう感じられました

<二人目:安井算哲>

受賞された山中先生を見て私が連想したもう一人は、前述の安井算哲です。

彼が日本初の暦を作り遂げるには、水戸黄門こと水戸光圀始めたくさんの人の支えや応援なしでは数々の困難や挫折を乗り越えることができませんでした。

映画を見て感じたのは、やはり算哲の人間としての魅力です。改暦という偉業を成し遂げるには算術面はもちろん政治面(当時、暦は朝廷が実権を握っていた)においてもクリアしなければいけない高いハードルがあり、算哲の人間性無しには不可能であったといっても過言ではありませんでした。

山中先生が1999年に奈良先端科学技術大学院大の助教授に応募された時の選考委員である安田国雄・前学長のコメントに私は注目しております。

それは山中先生を選ばれた理由として、「先生の人柄とやる気がベストであった」ということでした。

偉業を成し遂げるには、回りが協力したくなる人間性の高さも時として必要になるということを感じました。

それから山中先生の研究室にて右腕としてiPS細胞を一緒に作り上げた、現京都大学講師である高橋和利さんは、「僕は落ちこぼれだった。先生のそばにいなければ、人生がこんなにエキサイティングになることはなかった」とコメントされています。

たとえ落ちこぼれと言われても、努力する人には必ずチャンスがやってくる。私にはそのように思えました。




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
教育一般  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

スピルバークと学習障害<逆境をはねのける力> 

先日のニュースで、「映画監督のスティーヴン・スピルバーグが実は学習障害の一つであるディスレクシア(難読症、読字障害)と診断されていることを告白した」ことを知りました。

そしてご本人は映画を作ることで救われたとのコメントを残されています。

俗に「器用貧乏」と呼ばれる人は、何でもそつなくこなすがためにどの分野でも一流になれない人のことを意味すると思います。逆にスピルバーグの場合は学習障害がゆえに、「映画」こそが自分の生きる道であり、また救いであると悟りそれに専念したことが大成功につながったのでしょう。

これと似たような話をプロゴルファーの石川遼君のお父さんからお聞きしました。

遼君は一見スポーツ万能に見えますが、幼い頃はそうではなかったそうです。

お父さん曰く、特に遼君は野球の才能は全くなかったとのことです。そういった中でゴルフにめぐり合い、自分の生きる道はこれしかないと悟り、毎日練習に励み現在に至っていると伺いました。

(ご興味のある方は<6/19のブログ:石川遼君のお父さんの講演会に行ってまいりました>をご参照下さい。)

それぞれ人には欠点があると思いますがそれをバネにできれば、補ってあまりあるものが得られるかもしれない。スピルバークや遼君にまつわる話を聞くとふとそのように感じました。

イクメンパパとして、我が子において仮に欠点があったとしてもそれをバネにして逆に長所を伸ばしてやることができればいいなと考えております。


P.S.以下の石川遼君関連のブログもあわせてご参照下さい。

5/16のブログ・<越後湯沢の石川遼記念館に行ってきました:「パパも名コーチに?」>

5/17のブログ・石川遼の育て方<石川遼君のお父さんの著書「石川遼の育て方・そのルール42」より>

6/19のブログ・石川遼君のお父さんの講演会に行ってまいりました

6/21のブログ・石川遼君お気に入りの童話はイソップ物語・遼君のお父さんの講演会レポート3

6/25のブログ・石川遼君はプロになるまでどれだけ練習したか?・遼君のお父さんの講演会レポート4




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
教育一般  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

学力トップ秋田県の秘密<文部省・全国学力調査> 

先日のブログ(8/10)にて、全国学力調査にて明らかになった「現在っ子は理科嫌い?」の内容についてご案内いたしました。

この全国学力調査の過去5回の調査において全国トップクラスになったのが秋田県です。

先日の朝日新聞GLOBE(2012年8月19日号)にてその秘密について紹介されていました。

秋田大学の阿部教授は学力の高さにつながった3つの秘密について以下の通り分析されておられます。



【秋田県の学力の高さ・秘密その1】

授業での学び合い


秋田での授業は、教師が一方的に話して正解に誘導するのではなく、子ども同士のかかわり合いを重視して試行錯誤させることが多いそうです。

教師の問いかけに子どもたちが一人ひとり考え、さらにグループで話し合い、その結果をクラス皆で検討させているとのことです。

世界的に教育水準の高いフィンランドでも「学び合い」や「学習集団」的な指導しているそうです。


【秋田県の学力の高さ・秘密その2】

学校と地域社会の結びつきの深さ


もともと秋田の地域や家庭には学校を大事にしようする傾向があり、学校側からも家庭・地域にさまざまな働きかけをしてきたそうです。


【秋田県の学力の高さ・秘密その3】

家庭での学習・学校での補修の充実


秋田の多くの先生は「家庭学習ノート」というごく普通のノートを子供に渡し「家庭学習計画」を立てさせ、その内容を丁寧に確認されているそうです。



ご興味のある方は、阿部教授の著書もご参照下さい。

頭がいい子の生活習慣 なぜ秋田の学力は全国トップなのか?頭がいい子の生活習慣 なぜ秋田の学力は全国トップなのか?
(2009/03/25)
阿部 昇

商品詳細を見る






↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

教育一般  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。