01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

毎晩「マイ★プラネタリウム」で夜空を眺めて遊んでいます<7/14:ブログの続編> 

皆さま、イクメンパパの「伊丹市こども文化科学館」シリーズをご覧いただきありがとうございました。

7/14のブログでご紹介いたしました、わずか500円で製作した伊丹市科学館の自作工作キット「マイ★プラネタリウム」に息子共々はまっており、毎晩寝室でプラネタリウムの星空を眺めて遊んでいます。

003_convert_20130716210643.jpg


取り急ぎ彼に教えたのは、北斗七星とカシオペア座からいつでも北を示す北極星が探せるということ。

006_convert_20130716210832.jpg

上の写真は北斗七星と北極星です。


あと、夏の大三角と冬の大三角の星座など他の星座は順を追って覚えてほしいところです。

005_convert_20130716210750.jpg

ちなみに上の写真は、冬の大三角とオリオン座です。
オリオン座の三ツ星がお分かりでしょうか?

とにかくうまく星の穴を押しピン等であけないとうまく星座に見えないので、組み立てる前に根気よく穴をあけることが大切ですね。

過去3連続シリーズの科学館レポートもあわせてご参照下さい。

伊丹市こども科学館レポート第1弾:
7/13のブログ:兵庫県伊丹市のこども科学館に行ってきました。(プラネタリウムがリニューアル!)

伊丹市こども科学館レポート第2弾:
7/14のブログ:500円で「マイ★プラネタリウム」を作りました!<伊丹市こども科学館・オリジナル工作キット>

伊丹市こども科学館レポート第3弾:
7/15のブログ:伊丹市こども科学館レポート第3弾:<鉱物図鑑シートについて>




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

伊丹市こども科学館レポート第3弾:<鉱物図鑑シートについて> 

昨日・一昨日にご紹介いたしました伊丹市の科学館レポートはいかがでしたでしょうか?

この科学館レポートの締めくくりとして、ここで入手した「鉱物図鑑」シートについて最後にご紹介いたします。

伊丹市こども文化科学館の1Fの奥は「工作コーナー」になっており、ここで先日ご紹介した「星座うちわ」を作ることができます。

このコーナーの奥に下の写真の「鉱物」シートを発見しました。

002_convert_20130713170858.jpg


このシートは、現品限りで希望者のみ一人につき1枚いただけました。
美しい写真入りの鉱物図鑑シートでとても勉強になります。

以前のブログでご紹介した「世界一美しい元素図鑑」とあわせて理解を深めるとよさそうです。

(たとえば「ベリリウム合金がロケットの燃焼口に使われている」とか「中国産の灰重石がタングステンの原料鉱物となっている」など)

下は以前にもご紹介したことのある元素図鑑の下じきです。

世界一美しい周期表したじき世界一美しい周期表したじき
()
仮説社

商品詳細を見る


元素図鑑は3990円と高価ですが、下じきは420円ですので気軽に購入できます。書店でも売っていますのであわせてご活用下さい。

昨日・一昨日の科学館レポートもあわせてご参照下さい。

伊丹市こども科学館レポート第1弾:
7/13のブログ:兵庫県伊丹市のこども科学館に行ってきました。(プラネタリウムがリニューアル!)

伊丹市こども科学館レポート第2弾:
7/14のブログ:500円で「マイ★プラネタリウム」を作りました!<伊丹市こども科学館・オリジナル工作キット>





↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

500円で「マイ★プラネタリウム」を作りました!<伊丹市こども科学館・オリジナル工作キット> 

本日は昨日に続きまして<伊丹市こども科学館・オリジナル工作キット>についてです。

(7/12)のブログで予告いたしました、伊丹市こども文化科学館で入手したオリジナル工作「マイ★プラネタリウム」を実際に作ってみました。

001_convert_20130713115507.jpg


最初はこのような紙のキットですが、説明書にあるとおり順番に組み立てますと

006_convert_20130713161311.jpg


このような立派な「マイ★プラネタリウム」が完成しました。

005_convert_20130713161210.jpg


付属の乾電池で電球に明かりと灯すと

008_convert_20130713162544.jpg

このように光り、暗闇でのすてきなオブジェとしても使えそうです。

また、このプラネタリウムを押し入れなど真っ暗なところに持っていくと、
臨場感あふれる星空が家の中で気軽に体験可能です。


013_convert_20130713161417.jpg

わずか500円でこの様な工作ができる「マイ★プラネタリウム」。
伊丹市のこども文化科学館にお立ちよりの際はぜひお買い求めください。


P.S.このキットを製作するにあたってのハードルは作るパパの根気ですね。
   なにより、光らせる星すべてを押しピンなど尖ったもので
   穴をあける必要があるのです。
   かなり気の遠くなる作業なので覚悟してやって下さいね。




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

兵庫県伊丹市のこども科学館に行ってきました。(プラネタリウムがリニューアル!) 

昨年のGWにこのブログでご報告した「新潟県立自然科学館」に引き続き、
今日は「伊丹市立こども文化科学館」のご紹介です。

image[11]

上は伊丹市立こども文化科学館のキャラクター「ひょんたん」です。

先日、小学一年生の息子と一緒に行ってきました。

ここの科学館の一番の売りはなんといっても、この春にリニューアルしたばかりの最新式・プラネタリウム、その名前も「メガスターⅡB・伊丹」です。

image[10]


通常プラネタリウムは見るためには、通常の科学館では入館料込で大人は1000円近くかかってしまうのですが、この伊丹市の科学館ではなんと大人でも入館料込・400円で見ることができます。小学生以下は100円(3歳未満無料)です。
又この科学館は「宇宙」・「地学」に特化した科学館で、小学1年生の息子はいたくお気に召した模様です。

ちなみにイクメンパパが一番楽しめたのが、宇宙ステーションのコンテナを制限時間(3分)内にテレビ画面中のクレーンで移動させる体感ゲームでした。2回目の挑戦で、本日の最短時間ランキング1位をゲットしました。
(つい本気になって遊んでしまいました)

また本物の隕石に触れることができるコーナーも良いですね。

新潟市や京都市など政令指定都市の科学館と趣が異なり、地方都市として限られた予算内で工夫をして運営されていたのが印象的でした。

中でも良心的だと思ったのが、ほとんど原価に近い価格で提供されているオリジナル工作です。

館内の工作コーナーではわずか50円で星座うちわを作らせてくれました。
(はさみ・のりも常備)

003_convert_20130713115216.jpg

この星座うちわには、小学生が覚える必須の星座・夏の大三角<はくちょう座・こと座・わし座>とそれぞれの一等星<デネブ・ベガ・アルタイル>が記載されており、楽しめながら学習できるように配慮されていました。
(小学校の理科で必ず習う星座ですね)

004_convert_20130713115326.jpg

ちなみにうちわの裏面は、冬の大三角の星座<こいぬ座・おおいぬ座・オリオン座>とそれぞれの一等星<プロキオン・シリウス・ベテルギウス>が載っています。
(冬の大三角まで覚えられたら大したものですね。中学入試では必要な星座です)

またお持ち帰り用のオリジナル工作ではありますが、なんとプラネタリウムを自作することのできる「マイ★プラネタリウム工作」キットがわずか500円で購入できました。

001_convert_20130713115507.jpg


このキットでは、紙製の工作キットの他に電池や豆電球・紙コップ・ストローといったツールが揃っており、提供価格500円というのはほぼ原価だと考えました。
(「マイ★プラネタリウム工作」の作成リポートは後日報告させていただく予定です。お楽しみに。)

このように地方都市である伊丹市の科学館は、誠意工夫で子供達の科学に対する興味を引く努力をされていたのが印象的でした。

皆さまもお休みの日には、お近くの科学館に子供達を一緒に足を運んでみてはいかがですか?
(夏は一日中冷房完備で快適ですよ(笑))

昨年ご報告した「新潟県立自然科学館」のリポートもご参照下さい

<新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>

<新潟県立自然科学館に行ってきました2:雲のカタログ(雲形十種)>

<新潟県立自然科学館に行ってきました3:ベンハムのコマの工作>



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

あの元素図鑑の下敷きが存在した!<その64:世界一美しい周期表 したじき(日本語版)(仮説社)> 

先日本屋さんに行った時、会計レジのところに2012年1月5日にこのブログでご紹介した「世界一美しい元素図鑑」の化学元素の周期表「したじき」があり衝動買いしました。


世界一美しい周期表したじき世界一美しい周期表したじき
()
仮説社

商品詳細を見る


このしたじきは「世界一美しい元素図鑑」の巻末に付録として付いていた周期表をコンパクトにした内容です。

ここ1年あまり息子は前述のブログでご紹介した「世界一美しい元素図鑑」を眺めておらず、以前に覚えたその内容もほとんど忘れていたようでした。そこで、思いだしてもらえたらいいなと考え購入しあたえてみました。

しかし今年小学1年生になった息子は今のところもっぱら歴史に興味がある模様で、この元素図鑑の周期表「したじき」にはそれほど食いつきませんでした。

しかしまた興味をもって眺め、再び理科好きになってくれたらいいなと考えております。

『世界一美しい元素図鑑(創元社)(2012/1/5のブログ)』

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。