04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

再び金環食の二重の影の写真です!<金環日食・緊急考察レポート2> 

先日の5/28のブログ<金環日食・緊急考察レポート2>で影が二重になった写真を紹介いたしました。

更に当日撮影した写真を探していたところ、影が二重になった写真をいくつか発見しました。

下がその写真です。

≪AM6:59頃≫

010_convert_20120529231923.jpg

上の写真の左下にカメラのコードが写っているのですが、ところどころが二重に見えます。

それから壁面に移した木漏れ日の写真でも影が二重に見えるのを発見しました。下がその写真です。

≪AM7:09頃≫

012_convert_20120529232045.jpg

上の写真は少々わかりにくいのですが、右上の葉っぱのところは二重に映っているような気がします。
一見するとカメラがブレたように見えますが、壁のしみが鮮明に映っているでカメラはブレてはいない様です。

日食中はだいたい下の写真のように写ってました。

≪AM6:58頃≫

009_convert_20120529233149.jpg

真ん中の≪AM7:09頃≫の写真と比べていただくとあるタイミングの時(おそらく日食が50%位の時)に影が二重に見える現象が顕著になるのではないかと推察されます。

以上<金環日食・緊急考察レポート2>でした。


なお、以下の金環日食のブログバックナンバーもあわせてご参照ください。

5/21のブログ【速報!金環日食】金環日食・観測レポート

5/22のブログ【金環日食・観測レポート1】<ピンホール観測法の結果について>

5/23のブログ【金環日食・観測レポート2】木漏れ日の金環食・スケッチブック投影編<時系列・写真集1>

5/24のブログ【必見!金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2

5/28のブログ<金環日食の影が二重に!?<金環日食・緊急考察レポート> >





↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

ピンホールカメラ実験セットレポート<2011年度・学研(9470)株主優待グッズ> 

本日は先日(5/26)のブログにて予告いたしました、
「ピンホールカメラ実験セット」のレポートです。

順番にパーツを組み立てました。

002_convert_20120527192052.jpg


いろいろな穴のピンホールが開いています。

次に紙の箱を組み立てます。これがカメラ本体に相当するようです。

003_convert_20120527192154.jpg


そして本体をゴムバンドで固定する留め具を両面テープで取り付けます。

004_convert_20120527192355.jpg


そして先ほどのピンホール装置を本体に装着します。

005_convert_20120527192446.jpg


また本体とは別にもうひとつの箱を作りました。

006_convert_20120527192546.jpg


こちらにスクリーンを張り付け、ここに投影される像を観察する仕組みです。
なお、箱を前後に動かすことによりピント調整が可能です。
(箱の横に記載してある長さは、ピンヒールからスクリーンまでの距離です。)

このようにスクリーンを張り付けました。

008_convert_20120527192729.jpg


そして下の『F』のカードをピンホールカメラで観察しました。

009_convert_20120527192823.jpg


下の写真が、カメラのスクリーンに映った像です。

010_convert_20120527192931.jpg


前後左右が反対に映っています。
なお、下の様な△(三角)のピンホールでも○(丸)のピンホール同様の前後左右の像が観察できました。

013_convert_20120527193022.jpg



先日のブログでご紹介した数々の金環日食の木漏れ日の像も原理はピンホールカメラと同じなので実際の金環食と前後左右が反対に投影されていました。

下の写真は太陽が欠け始めたAM6:48頃の木漏れ日の写真です。
本来は左上から太陽が欠けるところですが、ピンホールの原理で前後反対に投影されて右下から欠けて投影されてます。
なお肉眼で観測グラスを使って観測した場合は、太陽の右上から欠けて観測できたはずです。

≪AM6:48頃 金環食の欠け始めの状態≫

008_convert_20120521104618.jpg



また下のような2つ穴の開いたピンホールで観察すると

014_convert_20120527193158.jpg


前後左右反対の「F」の像が二つ観察できます。

011_convert_20120527193306.jpg



同様に3つの穴のピンホールでは

015_convert_20120527193410.jpg


「F」の像が3つ観察できます。

012_convert_20120527193504.jpg


もうひとつ、下の写真のような長細い穴で観察すると

016_convert_20120527193548.jpg


下の写真の様な像が見られます。

017_convert_20120527193648.jpg


そしてこの実験セットにはピンホールの他にプラスチックの凸レンズにてレンズカメラの原理も観察できました。

021_convert_20120527193750.jpg


下の壁掛け時計をレンズカメラで見ると

018_convert_20120527193927.jpg


前後左右の時計が観察できます。

020_convert_20120527200135.jpg



ピンホールカメラと違い、かなり明るい映像です。

これに対し、ピンホールカメラは相当明るい条件下でないとスクリーンに像が映りませんでした。

以上、5歳の息子と一緒にこの実験セットを組み立てて観察しましたが、彼が理解できたかどうかは定かではありません。(どちらかと言うと息子は「ピンホールカメラ」より「レンズカメラ」の方に興味があったようです。)

たとえ今は理解できなくても将来、金環日食やこのピンホールカメラで観測したことを思い出してその原理を理解してくれればいいなと考えています。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

金環日食の影が二重に!?<金環日食・緊急考察レポート> 

今日(5/27夜)のYAHOOニュースで、

「金環日食で地面の影が二重に」

の記事を拝見しました。

実は私も金環食を木漏れ日の影を使って観測していた時ちょっと気になっていたことがあったのです。それが今日のネットニュースを見て思い出しました。

それはちょうど金環食がMAX近くになった時に、木漏れ日の影が不鮮明になったことです。

下の写真がその状態です。スケッチブックに投影された木漏れ日が綺麗なカチューシャ食にならず、ピンボケみたいになっています。

≪AM7:38頃撮影≫

061_convert_20120527212359.jpg


その時は

「ちょっとおかしいな」

「綺麗に写真が撮れなかった」

としか思わなかったのですが、これが噂の影に二重になった影響であると考えると納得できます。

≪同じくAM7:38頃撮影≫

062_convert_20120527212451.jpg

上の写真の左下にカメラを持つ私の手が写っているのですが、よく見るとかすかでありますが二重になっているようです。

拡大したのが下の写真です。

062_convert_20120527213242.jpg

ネットニュースによりますと、このようになった原因として考えられるのが

太陽のリングの両端から出た光の角度の差が原因

だそうです。

このほかにも金環食がMAX状態の時の写真を以下に掲載いたします。
きれいな金環食ではなくポンボケのような木漏れ日が写ったのも、
太陽のリングの両端から出た光の角度の差が原因と考えると納得できそうです。

以前のブログでもご紹介した木漏れ日の影・スケッチブック投影編です。
当初失敗したと勘違いした未公開の写真の写真も掲載しております。


≪AM7:28頃撮影≫

031_convert_20120527214553.jpg


≪AM7:28頃撮影≫

032_convert_20120527214744.jpg


≪AM7:29頃撮影≫

034_convert_20120527215038.jpg


≪AM7:29頃撮影≫

035_convert_20120527215331.jpg


ご興味のある方は以前のブログでご紹介いたしました
【金環日食・観測レポート2】木漏れ日の金環食・スケッチブック投影編<時系列・写真集1> もご参照下さい


次にご参考まで、壁面に投影した木漏れ日の影もご覧ください。


≪AM7:28頃撮影≫

033_convert_20120527214912.jpg


≪AM7:30頃撮影≫

036_convert_20120527215529.jpg


≪AM7:30頃撮影≫

037_convert_20120527215814.jpg


≪AM7:30頃撮影≫

038_convert_20120527220131.jpg

なお、ご興味のある方は以前ブログでご紹介した
木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2】もあわせてご参照ください

以上、<金環日食・緊急考察レポート>でした。



なお、金環日食のブログバックナンバーは以下の通りです。

4/20のブログ 2012年5月21日は何の日?<金環日食ツール>

5/7のブログ <新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>

5/8のブログ <金環日食・事前準備レポート2>

5/13のブログ<金環食・太陽の指輪(リング)<ドリカム・時間旅行> >

5/14のブログ<うまくピンホールを開ける方法<金環日食・観測準備レポート3> >

5/15のブログ<金環食の木漏れ日イメージ<金環日食・事前準備レポート4>>)

5/16のブログ<今からでも満喫できる「金環日食」ガイド<5月15日の週刊朝日> >

5/20のブログ【いまからでも間にあう金環日食・観測ツール<金環日食・観測準備レポート5>

5/21のブログ【速報!金環日食】金環日食・観測レポート

5/22のブログ【金環日食・観測レポート1】<ピンホール観測法の結果について>

5/23のブログ【金環日食・観測レポート2】木漏れ日の金環食・スケッチブック投影編<時系列・写真集1>

5/24のブログ【必見!金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

リンガーハット(8200)の株主優待が届きました 

1/19のブログでもご紹介いたしましたリンガーハット(8200)の配当金と株主優待券が届きました。今日はそのご報告です。

022_convert_20120527190541.jpg


期末配当金は1株につき5円でした。
我が家では300株所有していたので今回いただけた配当金は(5円x300株)x0.9(10%税引き後)=1350円でした。

また株主優待としていただけた食事券は525円券が7枚でした。(300株取得の場合)

023_convert_20120527190709.jpg



送られてきた株主通信によりますと人気メニューベスト10は次の通りだそうです。
1位:長崎ちゃんぽん
2位:長崎皿うどん
3位:長崎ちゃんぽんセット(餃子付き)
4位:野菜たっぷりちゃんぽん ←私はこれを食べることが多いです。
5位:餃子5個
6位:長崎皿うどんセット(餃子付き)
7位:長崎ちゃんぽんランチ(餃子・杏仁豆腐付き)
8位:杏仁豆腐
9位:野菜たっぷりちゃんぽんセット(餃子付き)
10位:長崎ちゃんぽんぎょうざ3個セット

またこの株主通信によりますと、春の期間限定メニューで『春の贅沢あさりちゃんぽん』というのもあるそうです。また食事券を使って食べてみようかなと考えております。

以前1/19のブログ・リンガー外食レポートもあわせてご参照ください。

なお、5/27現在の株価は1株1051円です。
100株では10万5100円
300株では31万5300円になります。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
株主優待  /  tb: 1  /  cm: 2  /  △top

芝生と子供は放っておいても育つ?<芝生育成レポート4> 

4/26のブログ5/12のブログ5/19のブログでご紹介した芝生の種からの育成チャレンジレポート第四弾です。

裏庭に芝生の種を蒔いてから約3週間でここまで芽が伸びました。

004_convert_20120526185907.jpg


まだ発育の良いところと悪いところでバラツキが見られてきました。そのままにするか、発育の悪いところに再度種を蒔くか否か迷っているところです(当初は秋にオーバーシードの予定でした)。

003_convert_20120526185746.jpg


芝生を均一に育てるのはなかなか難しいですね。子育ても同様で、兄弟間でも全く同じようには育ちません。そこが子育ての難しさでありおもしろさであるのかもしれません。
放っておいてもすくすく育つ芝生もあれば、いくら水をあげても育たない芝生もあります。
「育たないのをいかに育てるか」それは子育て同様に永遠のテーマなのかもしれませんね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

未分類  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

学研(9470)の株主優待品<ピンホールカメラ実験セット> 

以下の写真は1/30のブログでご紹介しました学研(9470)の株主優待グッズでいただいた実験セットの一つ、『ピンホールカメラ実験セット』です。

911_convert_20120525204340.jpg


先日の金環日食ではピンホール観測グッズを手製で作成しましたので、ピンホールカメラの原理を復習する良い機会だと思って取り出しました。

913_convert_20120525204410.jpg


中にはこのように組み立ての道具が入っておりました。
近日中に組み立て、またこのブログでご紹介したいと考えております。お楽しみに。

ちなみに5/25現在の学研(9470)の1株は158円でした。
株主優待の権利が得られる1000株では15万8000円になります。

P.S.金環食の当日、これで観測したらよかったとほんの少しだけ後悔してます。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
株主優待  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【必見!金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2> 

昨日の金環日食スケッチブック投影編に引き続き、
今日は木漏れ日の壁面投影編です。


≪金環日食:木漏れ日・壁面投影編≫

<AM6:49頃>

007_convert_20120521110754.jpg

この時間帯では既に日食が認識できます。


<AM6:58頃>

009_convert_20120521110856.jpg

太陽が半分くらい欠けています。となりのトトロがいるみたいです。


<AM7:16頃>

014_convert_20120521111000.jpg

太陽が三日月状態になり、いよいよといったところです。


<AM7:25頃>

029_convert_20120521111059.jpg

いわゆる「カチューシャ食」って言った状態でしょうか?


<AM7:30頃>

037_convert_20120521111330.jpg

金環食がほぼMAXに達した状態です。
幻想的な光景ですね。


<AM7:35頃>

053_convert_20120521111441.jpg

日食の最大が過ぎたところです。


<AM7:38頃>

064_convert_20120521111616.jpg

またトトロの模様が現れました。


<AM7:49頃>

080_convert_20120521111757.jpg

再び、さっきと逆の三日月の登場です。
木漏れ日の影はピンホールカメラの要領で投影されるので、実際の日食と逆に映っています。

<AM8:05頃>

086_convert_20120521111907.jpg

半分くらい隠れた状態です。


<AM8:19頃>

092_convert_20120521112029.jpg

この頃から日差しが強くなってきました。


<AM8:31頃>

101_convert_20120521112314.jpg

日食の終わりに近づき、食が認識し難くなってきました。


<AM8:46頃>

116_convert_20120521112428.jpg


ここまで来るともう日食もおしまいですね。

金環日食の観測はこれまでのブログでご紹介しました通り、「太陽の木漏れ日を見る方法」がベストであるのがご理解いただけたと思います。私が生きている間にもう一度見られるかどうかはわかりませんが、今回で充分に堪能させていただきました。子供達の記憶にも残ってくれていればいいなと考えています。

以上、【金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2>でした。

これからもブログ『イクメンパパの教育談議』(http://djqoo.blog.fc2.com/)をよろしくお願いいたします。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【金環日食・観測レポート2】木漏れ日の金環食・スケッチブック投影編<時系列・写真集1> 

金環日食の色々な観測方法がありましたが、中でも一番観測に最適であった方法は木漏れ日の太陽の影を見ることでした。

今日は木漏れ日の金環日食・スケッチブック投影編・写真集です。

≪木漏れ日のスケッチブック投影編≫

<AM6:11頃>

001_convert_20120521104405.jpg

まだ日食は始まっていません。


<AM6:38頃>

004_convert_20120521104526.jpg

これくらいの時間から日食が始まりました。


<AM6:48頃>

008_convert_20120521104618.jpg

みるみるうちに日食がすすんでいます。

<AM6:59頃>

011_convert_20120521104710.jpg

半分くらい隠れました。


<AM7:17頃>

016_convert_20120521104810.jpg

この頃から雲が陰りはじめて少し心配しました。


<AM7:29頃>

034_convert_20120521104923.jpg


この頃は金環食寸前ってところの写真です。


<AM7:31頃>

042_convert_20120521105030.jpg

この写真が、大阪での金環食のMAXの状態だと思います。


<AM7:37頃>

059_convert_20120521105124.jpg

日食のピークが通り過ぎたところです。

<AM8:17頃>

089_convert_20120521105344.jpg

だいぶ終わりに近づいてきました。この頃から日差しが強くなり、太陽の像が鮮明になりました。


<AM8:30頃>

097_convert_20120521105443.jpg

この頃、風か吹くとともに木漏れ日の影がゆらゆらと揺れ、幻想的な光景でした。


<AM8:44頃>

114_convert_20120521105549.jpg

ここまでくると、ほぼ終わりかけの状態です。

明日は【金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編をご紹介いたします。お楽しみに。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【金環日食・観測レポート1】<ピンホール観測法の結果について> 

昨日はいくつかの金環食の木漏れ日の写真を速報としてブログにいち早く報告させていただきました。

今回は金環日食・観測レポートを報告いたします。

観測当日の朝の大阪は時おり太陽が雲に隠れはしましたが、金環食をなんとか観測することができました。

数々の方法で観測した金環食を以下にご紹介いたします。

先日作成したピンホール投影装置で映しだされた映像です。


<紙パンチであけた穴で投影した太陽>

074_convert_20120521103538.jpg

この方法はなかなか焦点をあわせるのが難しかったですね。

まるでトトロの体の模様みたいです。


<回数券カードで投影した太陽>

084_convert_20120521103708.jpg


これも焦点をあわせるのが少々困難でした。


<大掛かりなピンホール装置で投影した太陽>

067_convert_20120521103824.jpg


ここまでくるとある程度、太陽の像がはっきりしました。


<もっと大掛かりな(全長2m)で投影した太陽>

068_convert_20120521103931.jpg


全長2m位あれば、ここまで大きな太陽の像が投影できました。
やはり、ピンホール投影では結構長い距離が必要なのかもしれません。

色々な観測方法があったと思いますが、

中でも一番だったのは木漏れ日の太陽の影を見る方法でした。


明日以降のブログにおきまして、木漏れ日の金環日食の時系列・写真レポートを紹介いたします。

≪ブログの予告です≫

○【金環日食・観測レポート2】木漏れ日の金環食・スケッチブック投影編<時系列・写真集1>
○【金環日食・観測レポート3】木漏れ日の金環食・壁面投影編<時系列・写真集2>

これからもブログ『イクメンパパの教育談議』(http://djqoo.blog.fc2.com/)をよろしくお願いいたします。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【速報!金環日食】金環日食・観測レポート<2012年5月21日(大阪)AM7:30頃> 

<2012年5月21日(大阪)AM7:30頃撮影>

金環日食の速報です。
2012年5月21日AM7:30頃撮った木漏れ日の映像です。

035_convert_20120521080512.jpg

036_convert_20120521080609.jpg





↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【速報!金環日食】金環日食・観測レポート<2012年5月21日(大阪)AM7:00> new!! 

<2012年5月21日(大阪)AM7:00撮影>

金環日食の速報です。
2012年5月21日AM7:00頃撮った木漏れ日の映像です。

010_convert_20120521070622.jpg

009_convert_20120521070748.jpg

天気が晴れたり曇ったりしているのでチャンスを見て撮影しブログに掲載させていただきます。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【速報!金環日食】金環日食・観測レポート<2012年5月21日(大阪)AM6:40> 

<2012年5月21日(大阪)AM6:40撮影>

金環日食の速報です。
2012年5月21日AM6:40頃撮った木漏れ日の映像です。

004_convert_20120521065323.jpg

005_convert_20120521065431.jpg

天気が晴れたり曇ったりしているのでチャンスを見て撮影しブログに掲載させていただきます。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

【速報!金環日食】金環日食・観測レポート<2012年5月21日(大阪)AM6:15> 

<2012年5月21日(大阪)AM6:15撮影>

金環日食の速報です。
2012年5月21日AM6:15頃撮った木漏れ日の映像です。
まだ太陽の形は丸です。

002_convert_20120521063226.jpg

天気が晴れたり曇ったりしているのでチャンスを見て撮影しブログに掲載させていただきます。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

いまからでも間にあう金環日食・観測ツール<金環日食・観測準備レポート5> 

今回は金環日食観測・直前準備レポートの最後のまとめです。

これまで色々な金環日食の観測方法をご紹介いたしました。金環食を明日に控え、これまでご紹介しなかった新しい観測方法をご紹介いたします。

最も簡単に準備できるツール、それは使用済カード(テレホンカードや地下鉄回数カード)です。これらのカードは使用済になると下の写真の様な小さな穴が開けられます。

006_convert_20120519212003.jpg

この穴が金環食の測定に適しているようです。

005_convert_20120519212301.jpg


実際に太陽を映してみると、上の写真の様に投影可能です。

もうひとつ手軽に作れるのが、5/14のブログでご紹介した文房具の紙パンチで穴を開ける方法です。一枚の紙にいくつもの穴を開けてみました。

030_convert_20120519212429.jpg


これで太陽を映してみると下の様になります。

031_convert_20120519212543.jpg

これら全部が三日月状になると愉快ですね。

あと観測に可能なものとしては『麦わら帽子』があげられます。麦わら帽子の小さな隙間(ピンホール)を活用して同様の観測が可能とのことです。


次に今日はちょっと大掛かりな装置を作ってみました。

015_convert_20120519212836.jpg

これはもともとゴルフクラブを送る時に使われた段ボールです。
箱にアルミ箔をつけ、小さなピンヒールを開けて太陽を映してみました。

016_convert_20120519212938.jpg

こんな感じです。

017_convert_20120519213047.jpg


さらにもっと大掛かりな装置も作ってみました。全長約2メートルです。
クラブ送付用の段ボールを二つ組み合わせています。

018_convert_20120519213236.jpg


ピンホールは同様にアルミ箔で穴を開けました。

映し出される太陽の像はこんな感じです。

020_convert_20120519213424.jpg


結構長いので、太陽の像を結ぶのが難しいですが、箱を二つ組みあわせているのでピント調節することも可能です。


最後にご紹介するのが、手鏡をつかった方法です。
使用する手鏡はできるだけ小さいのが良いみたいです(何かで隠してもいいかもしれません)。

太陽を手鏡で反射し、できるだけ遠いところに投影すると、太陽の形が浮かび上がります。

029_convert_20120519213708.jpg


我が家では手鏡を外に固定し、家の中の天井に投影してみたのが上の写真です。

このようにこれまでの「イクメンパパの教育談議」ブログにて数々の投影方法をご紹介しました。
皆さまも各々いつまでも記憶に残る金環日食をお楽しみ下さい。

興味のある方は以下のバックナンバーもあわせてご参照下さい。

4/20のブログ 2012年5月21日は何の日?<金環日食ツール>

5/7のブログ <新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>
5/8のブログ <金環日食・事前準備レポート2>

5/13のブログ<金環食・太陽の指輪(リング)<ドリカム・時間旅行> >
5/14のブログ<うまくピンホールを開ける方法<金環日食・観測準備レポート3>
5/15のブログ<金環食の木漏れ日イメージ<金環日食・事前準備レポート4>>
5/16のブログ<今からでも満喫できる「金環日食」ガイド<5月15日の週刊朝日> >



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

芝生と子供は放っていても育つ?<芝生育成レポート3>  

4/26のブログ5/12のブログとでご紹介した芝生の種からの育成チャレンジレポート第三弾です。

裏庭に芝生の種を蒔いてから約2週間でここまで芽が伸びました。

001_convert_20120519013308.jpg

まだ日当たりの良いところとそうでないところで芝生の発育に多少の伸びの差はありますが、いちおう全体的に芽が伸び始めています。

003_convert_20120519013439.jpg


子供の成長と同様、芝生の発育を眺めるのも楽しいですね。手をかけた分うまく育ってくれるとなおさらうれしいです。子育ても園芸も楽しみの根底は同じかもしれませんね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

未分類  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

石川遼の育て方<石川遼君のお父さんの著書「石川遼の育て方・そのルール42」より> 

先日のブログでご紹介いたしました新潟の石川遼・記念館で石川遼君のお父さんの著書を購入いたしました。

石川遼の育て方 夢に向かってまっすぐな子が育つ石川家のルール42石川遼の育て方 夢に向かってまっすぐな子が育つ石川家のルール42
(2011/05/18)
石川勝美

商品詳細を見る


この中で私が共感した内容につきまして今日は教育談義したいと思います。

その本である「石川遼の育て方・そのルール42」の一番最初のルールが以下の内容です。

「ゴルフ、水泳、将棋、釣り、山登り、キャンプ…、
子供にはいろいろなことをやらせた。
自分でやっている趣味でないとその楽しさを伝えることができないから
子供も本気になれない。」


このルールは自分自身がとても共感している内容です。

我が家の場合、いまのところ私が息子と共通する趣味は
ボウリング」や「ゴルフ」であり(あくまでも遊びのレベルですが)、今後は「将棋」や「タップダンス」を一緒にやりたいと考えています。

この本にも書かれている通り、共通する趣味があればそれをコミュニケーションツールとして親子の会話が(反抗期であっても)可能であり、親は経験している趣味であれば子供にある程度レールを敷いてあげることができます。子供は早く親のレベルを追い越したいと考えるでしょうし、良いレールが敷いてあればあっという間に親のレベルは追い越していくでしょう
(遼君はまさのそのパターンの様です)。

この本によりますと親がリーダーシップをとれる遊びを選ぶことが大切であるそうです。
子供はだいたいのところ「お父さんにかなわない」とおもいつつ「いつか追い越してやる」という向上心が芽生えるそうです。

自分自身の体験を振り返ると、それはスキーでありました。
父の趣味はスキーであり、家族旅行で一緒によく滑りに行きました。私はなかなか父よりうまく滑ることができませんでしたが、いつかうまくなりたいという思いは心のどこかにあったと思います。そして社会人になってから多くの時間とサラリーをスキーに費やしある程度のレベル(SAJ1級程度)にはなりました。おそらく父のレベルは超えたのではないかと考えています。

著書にも書いてあるとおり、

「親が本気で楽しんでいる姿を見ていれば、子供を本気で楽しみ、真剣に取り組むようになる」

というのは自分自身でも実感するところです。

自分自身がこれまでやってきた趣味を今後も子供達とできるだけ共有したいと考えています。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

スポーツ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

今からでも満喫できる「金環日食」ガイド<5月15日の週刊朝日> 

15日の新聞広告に記載されていた週刊朝日のタイトル、「今からでも満喫できる金環日食ガイド」の見出しを見ておもわず内容を見たくなりました。自分が知っている以外の観測方法があるのかを知りたくて。

結論はすでにブログにてご紹介している通り、上を見上げるより木漏れ日から漏れる光を探してそちらを観測するのがおススメとのことでありました。三日月のように映る太陽の木漏れ日の影が風でゆれる光景はなかなかのものだそうです。

実際に観測された方の話ではできるだけ高い広葉樹の木を探し、そこから漏れる木漏れ日を探すとよいとのことでした。

晴れの日の朝7時半ごろにどこにベストな木漏れ日が映るか!

桜の花見ではありませんが、観測にベストな位置は事前調査しておいて、当日朝ごはんのおにぎりを食べながら観測するのもなかなかオツではないでしょうか?

もちろんカメラとシーツとピンホール観測装置を持参してですね。

前述の金環食関連のブログは以下の通りです。ご興味のある方はあわせてご参照下さい。

4/20のブログ 2012年5月21日は何の日?<金環日食ツール>

5/7のブログ <新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>
5/8のブログ <金環日食・事前準備レポート2>

5/13のブログ<金環食・太陽の指輪(リング)<ドリカム・時間旅行> >
5/14のブログ<うまくピンホールを開ける方法<金環日食・観測準備レポート3>
5/15のブログ<金環食の木漏れ日イメージ<金環日食・事前準備レポート4>>

もあわせてご参照ください。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

金環食の木漏れ日イメージ<金環日食・事前準備レポート4> 

今日は昨日に引き続き、金環日食の事前準備レポートの続きです。昨日はピンホール投影の改良方法についてでしたが、本日は木漏れ日から映し出される金環食のイメージについてです。

先日(5/8)のブログでも木漏れ日の写真を少しご紹介しました。今日は壁全体に木漏れ日が写しだされる様子です。

005_convert_20120514213602.jpg


上の写真は金環食の約1週間前の5月13日(日)の朝7時半頃の写真です。壁全体に木漏れ日が映っています。この状態では太陽の形は丸(まる)ですが、金環食の当日はだんだん三日月になるようです。

影が映るちょうど良い壁がなければシーツやカーテンを用意して木漏れ日を投影してもよいかもしれません。下はレースのカーテンに映し出した木漏れ日です。

004_convert_20120514213739.jpg


木漏れ日が見られる条件下であれば皆さんもぜひトライしてみてください。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

うまくピンホールを開ける方法<金環日食・観測準備レポート3> 

先日のブログ(5/8)で、チップスターの筒を利用した金環日食のピンホール投影装置の作り方をご紹介いたしました。

今日はそのピンホール改良編です。

012_convert_20120514004543.jpg


先日製作した投影装置(上の写真:チップスターの底に小さな穴をあけています)を実際に太陽に投影してみました。下の写真はその様子です。

013_convert_20120514004654.jpg


ご覧の通り大変小さな太陽が映し出されています。観測するにはちょっと小さすぎるかもしれません。

ちなみチップスターのふたの部分に比較的大きめの穴(約5mm程度)をあけてみました。

014_convert_20120514004858.jpg


これで太陽を投影したのが下の写真です。

015_convert_20120514004955.jpg


よっぽどうまく穴を開けないと真ん丸の太陽が投影されません。

そこで考えたのが文房具の紙パンチで穴を開ける方法です(穴の大きさは約5mmです)。

022_convert_20120514005202.jpg


パンチで穴を開けた紙をチップスターの容器に穴を開け移植してみました。

023_convert_20120514005344.jpg


下の写真が改良した金環食のピンホール投影機です。

024_convert_20120514005449.jpg


なお、下の写真のようにパンチで穴をたくさん開けた紙を用意しておくと

020_convert_20120514005538.jpg


観測当日は三日月のような太陽がずらっと並ぶことになります。

021_convert_20120514005628.jpg


こんなのが5月21日の当日に見られたら楽しいでしょうね。

興味のある方は以上を参考に金環食のピンホール観測グッズを作ってみて下さい。

なお、以下の--続きを読む--より、追記バックナンバーもご参照下さい。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

金環食・太陽の指輪(リング)<ドリカム・時間旅行> 

ドリカムの名曲『時間旅行』をYOU TUBE で見ながら久しぶりに歌ってみました。

なんとこの歌は発表当時の1990年から22年後の2012年・金環日食までの間を時間旅行した曲だったのです。(恥ずかしながら今になって再確認しました)。

該当部分は時間旅行の2番目の歌詞のサビの中に出てきます。

指輪をくれる?ひとつだけ 2012年の
金環食まで待ってるから とびきりのやつを
忘れないでね
そうよ 太陽の指輪(リング)


1990年当時の私は、この曲が収録されたアルバム「WONDER3」を繰り返し聴いておりました。特に最後に収めされている『時間旅行』は特に大好きでした。自分自身はドリカムのコンサートに行ったことはありませんが聞いた話によるとコンサートでは必ず(エンディングに)演奏される曲のひとつだそうです。

1990年当時のドリカムは22年後を時間旅行しましたが、今この曲をあらためて歌ったイクメンパパは一瞬22年前に時間旅行してしまいました。

1990年当時大学生であった私は2児のパパになっている現在の状況は夢にも想像できませんでした。そしてこの曲を22年越しに聴いて、これまでにあっという間に通り過ぎた22年間を振り返り感慨深げになりました。

5月21日の金環食を前に、皆さんもドリカムの『時間旅行』で時間旅行してみませんか?

そして心待ちにしているこの世紀の大イベントを皆さんと一緒に共有したいと考えております。

金環食について興味のある方は前述の下記ブログ

4/20のブログ2012年5月21日は何の日?<金環日食ツール>
5/7のブログ<新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>
5/8のブログ<金環日食・事前準備レポート>

もあわせてご参照ください。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

芝生と子供は放っていても育つ?<芝生育成レポート2> 

以前のブログでご紹介した芝生の種からの育成チャレンジレポート第二弾です。

かつて新潟で聞いた格言で「田んぼと子供は放っていても育つ」というのがありました。
私は「芝生と子供は放っていても育つ」といういわばパラドックスとも言うべきテーマについて、イクメンパパの教育談議の中心テーマである「子育て」と共に、芝生の育成についても検討して参ります。

ちょうど一週間前の5月5日に以前のブログでご紹介した芝生の種を我が家の裏庭に蒔きました。

004_convert_20120512181113.jpg


そして今日庭を確認したところ微かですが芝生の芽が出始めてきました。

003_convert_20120512181256.jpg


蒔いてからなかなか芽が出なかったので少し心配していましたが、今ではほっとしています(子育てとどちらが大変とかというと甲乙がつけがたいかもしれません)。

昨年は姫高麗の芝生を業者に張ってもらいましたがほとんど大部分を枯らしてしまいました(残ったのは壁際の芝生のみ)。
枯らせた原因として考えられるのは

1. 芝生刈り機で短く刈りこみすぎた。
2. 芝生が定着する前に踏みすぎた。
3.真夏に肥料を与えてしまった。
4.もともと日当たりがあまり良くなかった。

ということです。
私としては特に1の原因によるものが大きかったようです。

4.は改善できませんが、1.2.3.について気をつけようと考えています。

芝生の種の説明書によりますと、気をつける点としては以下の通りです。

○常に雑草を抜く。
○乾燥の季節にはよく散水する。
○春と秋に定期的に肥料をまく
○春と秋にエアーレーションをする。
○春と秋に古い芝生をかき集め捨て、新しい目土を入れる。
○秋頃にオーバーシード(再び種蒔き)をする

このように芝生の育成はかなり手のかかるみたいですね。
実感としては子育て以上に難しい印象です。
一度経験すると次から育てやすいのは子育てと同じかもしれませんね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
未分類  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

<子供の肥満について> 

5月6日の朝日新聞の別冊特集である「GLOBE(朝日新聞グローブ)」のテーマは『肥満』についてでした。
今日はこの『肥満』について教育談義をしたいと思います。

この記事の中で非常に興味のあった内容としては、

● この30年間で肥満者は急増しており、米国の成人の3割以上が
肥満者となっている。
● 成人肥満者の多いハンガリーでは2011年にスナック菓子などに対し
「ポテチ税」を導入。
● 米国ニューヨーク市などでは、ファーストフード点が子供の誘客目的で
おもちゃのおまけを付ける事を禁止。
● シンガポールや韓国では、子供の肥満を防ぐため、学校の近くなどで
高カロリー食品の販売を制限。

このように各国では子供の肥満を防ぐためにいろいろな試みがなされているようです。

4/2のブログでご紹介したことのあるドキュメンタリー映画『スーパーサイズミー』では肥満に悩むアメリカの子供達が登場します。またこの映画の中でも、某ハンバーガーチェーンのハッピーセットなるおもちゃのおまけについても登場します。

育児教育をする上においても子供の肥満を防ぐことは重要なテーマであると考えております。大の大人でさえスナック菓子やコーラにはまってしまう人は多いのですから子供ではなおさらですね。

食育という意味でも普段の食事からおやつに至るまで子供のために考えてみることも教育の一環ではないかと思います。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
未分類  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

<新潟県立自然科学館に行ってきました3:ベンハムのコマの工作><おまけ:地ビールレポート3・スワンレイクビール・スワンレイクエール> 

もうひとつ新潟県立自然科学館のレポートです(今日は第3弾です)。
工作教室がもうひとつあり参加してきました。それは

簡単な工作で「ふきこま」を作ろう!  

という企画でした。シロとクロのこまでありながら、回転すると違った色が見えるとシロモノです。

004_convert_20120510201316.jpg


これは通称「ベンハムのコマ」と呼ばれるコマです。ウィキペディアによりますと、イギリスのおもちゃ製造業者であるチャールス・ベンハムの名に由来する独楽(こま)で、1895年に上の写真に示したように上面を塗り分けたこまを発売したとのことです。
ベンハムのこまを回すと、弧状の薄い色があちこちに見えます。この色はフェヒナーの色と呼ばれるそうですが、なぜこのような現象が起こるのか完全には理解されていないそうです。

もうひとつの絵柄のコマを作りました。

005_convert_20120510201531.jpg


これも色が出るコマみたいですね。

新潟県立自然科学館では大人も一緒にたくさん科学の勉強を楽しむことができました。
また機会があればもう一度行ってみたい科学館ですね。
(新潟県立自然科学館レポートはこれで終わりです)

【最後に】
息子と娘がこの自然科学館での最も長い間遊んだのは、ピタゴラスイッチを大きくしたような装置でした。それはゴルフボール大のボールをスタートから落とすとくるくる回ってゴールまで転がるといった大掛かりな装置です。二人の子供は帰る時間まで延々とこの装置で遊んでいました。子供はピタゴラスイッチみたいなものが大好きですね。


<おまけ:地ビールレポート3・スワンレイクビール・スワンレイクエール>

このビールがアルコールを飲めない私をビール好きにさせたビールです。スワンレイクの醸造所がある阿賀野市の五十嵐邸ガーデンやレストランスワンレイクでビールとともに食事をすることができます。新潟滞在の時ここに食事に行って飲んだビールがこれでした。

001_convert_20120510201852.jpg


この日以来ビールを好んで飲むようになりました。地ビール探しもこれが起点となっています。お刺身でも最初においしいのを食べるとその人はお刺身が好物になるでしょう。このビールは私にとってそういったビールです。
ちなみにこのビールは2010年のインターナショナル・ビアコンペティションにおいて金賞を受賞しています。
スワンレイクビールは新潟の駅など土産売り場のあちこちで購入することができます。新潟観光の際にはぜひ飲んでみてください(ちなみにネットでも購入できます)。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 1  /  cm: 0  /  △top

<新潟県立自然科学館に行ってきました2:雲のカタログ(雲形十種)><おまけ:海外ビールレポート5・イタリアビール・モレッティ> 

新潟県立自然科学館レポートの今日は第2弾です。昨日の金環日食のプラネタリウムも満足したのですが、それ以上に満足した催し物がありました。それは工作教室「雲のカタログを作ろう」です。お天気のプロ“気象予報士”がクイズを交えていろいろな雲の種類や天気について分かりやすくお話していただく催し物でした。

雲の種類は全部で300種位あるそうですが、基本的な雲形は以下の10種類に分類されるそうです
(それが雲形十種です)。

■高いところにできる雲<上層雲という>
1.巻雲(けんうん)
 ⇒すじ雲のこと
 (24時間後に雨が降ることが多い)
2.巻積雲(けんせきうん)
 ⇒うろこ雲のこと
 (この雲の時に魚がよくつれたらしい。別名:さば雲・いわし雲)
3.巻層雲(けんそううん)
 ⇒太陽や月にかさがかかる雲のこと
 (別名:うす雲)

■富士山位の高さにできる雲<中層雲という>
4.高積雲(こうせきうん)
 ⇒ひつじ雲のこと
 (12時間以内に雨が降ることが多い)
5.高層雲(こうそううん)
 ⇒すりガラスのような雲
 (雨が降る前後にあらわれる。別名:おぼろ月)
6.乱層雲(らんそううん)
 ⇒いわゆる雨雲。長い間雨がしとしと降ることが多い。

■低い所にできる雲の仲間<下層雲という>
7.積層雲(せきそううん)
 ⇒フランスパンを並べたような雲。これから晴れになる雲。
8.層雲(層雲)
 ⇒別名:きり雲。なお層雲が地面にくっつくと天気記号の「霧」になるそうです。

■低い所にできる雲で、まっすぐ上空で発達する雲の仲間<対流雲という>
9.積雲(せきうん)
 ⇒あんぱんのような雲。(別名:わた雲)
10.積乱雲(せきらんうん)
 ⇒いわゆる入道雲のこと。(別名:雷雲)

以上の雲形十種を気象予報士さんが写真付きのカタログで分かりやすく工作をしながら解説をしてくださいました。以下の写真がそのカタログです。

219_convert_20120509200414.jpg

永久保存版ともいえるしっかりしたカラーの資料(カタログ)を子供と共に作成し大変勉強になりました。
今後子供達と一緒に雲を見る折には

「この雲は何ていうの?」

と問いかけてみようかなと考えています。

なお、2/20のブログ3/6のブログでご紹介した「お天気まるわかりBOOK(成美堂出版)」においても「いろいろな形の雲」というページに「雲形十種」を高さ別の図解でわかりやすく説明されていますのであわせてご参照下さい。

調べ学習・自由研究に役立つお天気まるわかりBOOK調べ学習・自由研究に役立つお天気まるわかりBOOK
(2011/06)
山内 豊太郎

商品詳細を見る


この本は気象に関して専門書に匹敵する内容を子供にも図解で分かりやすく説明してあります。お天気に興味をもたれた子供さんに特におススメします。


<おまけ:海外ビールレポート・モレッティ>

モレッティと言えばイタリアのメジャーなビールです。最近では日本の居酒屋でもこのビールを飲めるところが増えてきました。私はこのビールが店のメニューにあればたいてい注文しています。
今回は、前述のおいしいイタリア料理店で飲んできました。

181_convert_20120509200616.jpg


この瓶のラベルにも記載されている通りラガータイプのビールでカジュアルに飲めるビールです。スパイシーなイタリア料理にとてもよく合うビールですね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

昨日の補足です<金環日食・事前準備レポート> 

昨日のブログにて金環日食を楽しむ方法をご紹介したしましたが
今日はその補足です。
実際に事前準備したことを写真を交えご紹介いたします。

昨日のブログでご紹介した内容は以下の通りです。

<金環日食を観測するにあたって>

1.円形の筒の入れ物の底に小さい穴をあけて日食中の太陽を下の紙に写すと
  ピンホールカメラの原理で太陽の姿を紙などに投影することができる。
 

実際にナビスコのチップスターを購入いたしました。

002_convert_20120508202212.jpg


チップスターの底は紙製ですので比較的穴が開けやすいと思います。
(ちなみにプリングルズの底は金属製でした)

003_convert_20120508202312.jpg


私はアイスピックのような工具で穴を開けてみました。

004_convert_20120508202445.jpg


こんな感じです。

005_convert_20120508202609.jpg


また晴れた日に事前に試してみたいと思います。


2.木漏れ日の隙間から漏れる太陽光線が、
  日食の形をそのまま影として投影される可能性がある。


今日の朝、実際に画用紙に投影してみました。こんな感じです。

001_convert_20120508202718.jpg


木漏れ日から漏れる太陽が丸で映し出されています。
日食が始まるとこれがだんだん三日月みたいに形になるそうです。
なんだかワクワクしますね。


3.前日(5月20日)までの早朝に、どの方角から太陽があがってきて
  観測可能なのかを事前に予習。
 (木漏れ日があるところは事前にチェック!
  できれば三日月の影と共に記念撮影も。)


本日の朝日新聞31面に掲載されていた金環日食特集で、三日月の形をした木漏れ日の影の写真を朝日新聞に投稿すると、えりすぐりの写真については後日、朝日新聞デジタル「朝刊」で紹介していただけるそうです。

ちなみに投稿方法はツイッターで、ハッシュタグ「#asahikinkan」をつけてツィートすればよいそうです。写真とともに観測した感想を140字以内で送ってくださいとのことです。もしかすると貴方の写真が採用されるかもしれませんよ。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

<新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム><おまけ:地ビールレポート2・日本海夕陽岬ビール・コシヒカリラガー> 

GW中に新潟旅行をしたレポート今日はその2です。今日は子供達(5歳の息子と3歳の娘)をつれて新潟県立自然科学館にいった時の話です。前述のブログでお話しいたしました通り、息子は5月21日に全国各地で観測できる金環日食についてとても興味をもっています。たまたまこの自然科学館でこの金環日食をテーマにしたプラネタリウムを見ることができました。
最初、5歳と3歳の子供がプラネタリウムを静かに見るのかとても不安でした。しかし5歳の息子は興味あるテーマなのか終始集中して静かに見ることができました。その内容は子供にも分かりやすい漫画形式の内容でありました。
<ストーリー:天体写真家であるアメリカ人のジョーンズさんが、日本のとある家族と共に金環日食を観測するといった内容>
息子は終わってからもとても満足そうで、これだけでも自然科学館に来たかいがありました(3歳の娘はプラネタリウム中終始動き回りパパはなだめるのに精いっぱいでした・・・)。
このプラネタリウムの解説で勉強になったポイントは以下の通りです。

<金環日食を観測するにあたって>

1.円形の筒の入れ物(プリングルスなどの容器)の底に小さい穴をあけて日食中の太陽を下の紙に写すとピンホールカメラの原理で太陽の姿を紙などに投影することができる。

2.木漏れ日の隙間から漏れる太陽光線が、日食の形をそのまま影として投影される可能性がある(これもピンホールカメラの原理でしょう)。できれば大きな画用紙を用意してみましょう。

3.前日の5月20日の早朝(7時頃~)に、事前にどの方角から太陽があがってきて観測可能なのかを予習しておく。 (木漏れ日があるところは事前にチェック!できれば7時30分頃に地面にできた影と共に記念撮影もいいかも。)

5月21日は月曜日なので会社への出勤日ですができる限り子供達と一緒に貴重な時間を共有したいと考えております。


<おまけ:地ビールレポート2・日本海夕陽岬ビール・コシヒカリラガー>

GW中は新潟に旅行に行っておりました。ちょうど寺泊を立ち寄った時にこのビールに遭遇し、地ビール好きの私はおみやげにこのビールを購入いたしました。

216_convert_20120507201341.jpg


今日ご紹介するのは日本海夕陽岬ビールのコシヒカリラガーです。
日本海夕陽岬ビールのパンフレットによりますと新潟県産コシヒカリを使用し、ホップを効かせて後味スッキリのたくさんの方に楽しんでいただける地ビールと紹介されています。
飲んだ印象としては先日ご紹介した「スワンレイクビール・[新潟産]越乃米こしひかり仕込みビール」を「柔」と表現するなら日本海夕陽岬ビールのコシヒカリラガーは「剛」でしょうか。結婚式で言うと主役は私!みたいに自己主張するビールですね。ちなみに製造元の日本海夕陽ブルワリーでは結婚式などの貸し切りパーティもできるそうです。乾杯はコシヒカリラガー!?でも主役を持っていかれると困りますね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
理科  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

<越後湯沢の石川遼記念館に行ってきました:「パパも名コーチに?」><おまけ:地ビールレポート・スワンレイクビール・[新潟産]越乃米こしひかり仕込みビール> 

イクメンパパのブログをおやすみしている間、越後湯沢にある石川遼君の記念館に行ってきました。今日はそのレポートです。

010_convert_20120506192510.jpg


記念館のある越後湯沢は遼君が例年スキー合宿されているゆかりの地です。この記念館では数々の優勝カップやギネスレコードである1ラウンド「58」のスコアカードなどが陳列されています。その中で私が一番興味を持ったのは、遼君が4歳の時にお父さんが作られたゴルフクラブでした。現在は数々のメーカーから子供用のゴルフクラブが販売されています(詳細は2/11のブログ<子供用ゴルフクラブ>2/12のブログ<長さと本数>をご参照下さい)。当時のお父さんは元々大人用のクラブを4歳の遼君のために5番アイアンのシャフトを途中で切って作られたとのことです。とても使いこんであるその現物を見てお父さんの愛情を感じました。また遼君のお父さんである石川勝美さんの著書を記念館で購入いたしました。

石川遼の育て方 夢に向かってまっすぐな子が育つ石川家のルール42石川遼の育て方 夢に向かってまっすぐな子が育つ石川家のルール42
(2011/05/18)
石川勝美

商品詳細を見る


この著書を拝見して思ったのは、イチローのお父さんであるチチローと同様、子供の長所(才能)を伸ばすために親(パパ)ができることを可能な限りサポートしてあげているということです。こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんがチチローも遼君のお父さんもPLAYER(プレイヤー)としては超一流ではなかったかもしれません。しかし子供の長所を最大限に伸ばすコーチとしては超一流であったことに異論はないでしょう。

「パパ自身が名プレイヤーでなくても子供の名コーチになれるかもしれない。」

記念館でそんな夢をちょっと見てしまいました。

P.S.石川遼記念館でゴルフおみくじをしました。その結果は以下の通りです。

011_convert_20120506193222.jpg


「予選落ち」でした(笑)・・・(さながら大凶ってところでしょうか?)。


<おまけ:地ビールレポート・スワンレイクビール・[新潟産]越乃米こしひかり仕込みビール>

スワンレイクビールは新潟県の阿賀野に醸造所がある地ビールです。私は元々ビールをはじめとするアルコールが飲めない人でしたがここのビールを飲んで以来、大のビール党になりました。
現在では日本には数々の地ビールが存在しますが、スワンレイクビールは数々のビールコンテストで金賞を受賞しており私一押しの地ビールです。

今日ご紹介するのは「スワンレイクビール・[新潟産]越乃米こしひかり仕込みビール」です。新潟のお気に入りのイタリア料理店でこのビールがメニューにあり、迷わず注文いたしました。

174_convert_20120506194056.jpg


パスタやピザはもちろん数々の料理にあう味で「剛」と「柔」の2種類でビールを表現するなら『柔』のビールだと思います。映画で表現すると主演賞は料理、このビールは助演賞ってところでしょうか。主役は料理であり自己主張は極力抑えながら脇を固める名脇役ですね。ちなみにこのスワンレイクビール・[新潟産]越乃米こしひかり仕込みビールはインターナショナル・ビアコンペティション‘07で金賞を受賞しています。
このビールはさながら世界ミスユニバースの日本代表(もちろんビールですが)として恥ずかしくないビールですね。



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村
スポーツ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

<アルク(2596)の期末配当金が届きました> 

イクメンパパのブログをおやすみしている間、家族皆で新潟に旅行しておりました。長い間失礼しました。
この間にアルク(2596)の期末配当金が届いていました。

今回の期末配当金は1株あたり360円でした。我が家では1月末の時点で5株所有していたので税引き後で1620円となりました。
<(360円x5株)x0.9(税引)=1620円(税引き後)>

5月6日現在で1株23220円ですので、5株では11万6100円になります。
(アルクの株主優待の詳細レポートは(3/16のブログ)及び(3/17のブログ)をご参照ください)

我が家ではアルクの教材をいくつか使ったことがあります。

○<スクールバス(3/25のブログ)
○<音が出るペン付きアルクの2000語えいご絵じてん(3/19のブログ)
○ <TOEICテスト攻略プログラム>etc・・・。

前述のブログでもご紹介いたしましたが、英会話に興味がある方には特におススメの株ですね。

P.S.明日からGW中に家族で新潟旅行した時の育児関連レポートを再開いたします。
以下、明日以降の予告です。
 
●<越後湯沢の石川遼記念館に行ってきました:「パパも名コーチに?」>【スポーツ】
●<新潟県立自然科学館に行ってきました1:金環日食のプラネタリウム>【理科】
●<新潟県立自然科学館に行ってきました2:雲のカタログ(雲形十種)>【理科】
●<新潟県立自然科学館に行ってきました3:ベンハムのコマ>【理科】
    
なお、おまけのビールレポートもお楽しみに。
(新潟で飲んだ地ビールを中心にご紹介いたします)



↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
株主優待  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。