04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

6歳の息子に対する本将棋・その後の報告 

長い間ブログを放置してしまい失礼いたしました。

留守中にご訪問いただいた皆さま、ありがとうございました。

先日のブログで、小学校1年の息子が今将棋に夢中であることを紹介いたしました。

将棋経験のある小生とはかなりの実力の差があるので、最初は8枚落ち(上手は王・金・歩のみ)から6枚落ち(上手は王・金・銀・歩のみ)のハンディでやっておりました。

息子が買っている間は気分が良く何回もしたがるのですが、問題は負けた時です。

負けた時は悔しかったのか、しばらく将棋をやりたがりませんでした。

興味を無くしてしまったかと少し心配したのですが、最近またやろうと言ってくれたので安心しました。

親が本気を出して勝ちに行くのは、ある程度してからの方がよいかもしれません。あまり初心者の早い段階で負けを経験するとそれ以上やらなくなる可能性が高いと考えます。

親が子供に続けてやってほしいと思う事は、とにかく最初はほめてほめてほめまくることだと思います。

以前にご紹介しました将棋関連のブログもあわせてご覧ください。

2012/1/28のブログ・めざせ名人<その15:どうぶつしょうぎ>

2012/4/5のブログ・上海っ子、日本将棋に夢中<将棋>

2012/9/4のブログ・子供の教育と将棋について(第三考)

2012/12/22のブログ・将棋の知育玩具としての可能性<その55:ごろごろどうぶつしょうぎ>

2013/5/4のブログ・めざせ名人最初に勝たせることが肝心です!<その65:知育玩具としての本将棋>

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
育児開発  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://djqoo.blog.fc2.com/tb.php/280-31872406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。