FC2ブログ
12« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

将棋の駒を使った「ひょこまわし」の思わぬ効能とは? 

皆さま大変ごぶさたしました。

再度の訪問ありがとうございます。

相変わらず我が家では、
子供たちと囲碁するのが日課となっております。

一方、将棋に関しては、
幼稚園年中の娘とやるには少し早いのですが
将棋の駒と盤を使った「ひょこまわし」は、
ちょっとしたブームになっております。

ひょこ回しは、金将の駒4枚を使って動く数を決める、
いわば「すごろく」みたいなものですが、
子供のころにやったことのある人は結構多いのではないかと思います。

ひょこまわしでは
基本的には、金将が表に出た枚数分をすすみます。
しかし進み方には様々なローカルルールが存在するみたいです。

我が家では、

○1枚だけ「表」がでると「1マス」進んで、もう一回振る
○4枚とも全部「裏」がでると「8マス」進む
○横向きに立つと1枚につき「5マス」進む
○縦向きに立つと1枚につき「10マス」進む
○逆さむきに立つと1枚につき「100マス」(!)進む

という進み方を採用しています。

ちなみに逆さ向きに立つことはめったにありませんが、
横か縦向きに立つケースはかなりの頻度で発生します。

たとえば、4枚振った中で

横向きに立つのが1枚
表向きが2枚
裏向き1枚

がでると

「5」+「2」+「0」=7マス進むことになります。

この過程をくりかえし行うことは、
初歩的な計算でありますが、計算問題を繰り返し実施するのと
同じ効果があるのではないかとふと考えました。

すごろくのようなゲームを楽しむのと同時に、
育脳もできるといいな!
と考えながら、日々ひょこまわしを楽しんでおります。




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
育児開発  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://djqoo.blog.fc2.com/tb.php/313-0991f5b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。