08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

イクメンパパの教育談議

  // 

教育グッズ・占い(姓名判断)・株主優待

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  /  tb: --  /  cm: --  /  △top

詰め将棋は上達の早道 

本日は我が家での将棋についてご報告します。

今、小学1年生の息子が熱中しているのが、下の詰め将棋の本です。


3手詰ハンドブック3手詰ハンドブック
(2011/09)
浦野 真彦

商品詳細を見る


このハンドブックは、もともと将棋好きの自分用に10年位前に購入した本でした。

3手詰めの初歩的な内容なので、7歳の息子でも大丈夫かと思いながら、将棋盤に駒を並べてやってみたところ、想像以上に食いつきました。

おそらく出来た時の達成感がうれしいのでしょう。

ほぼ毎日、一緒に考えながらやっています。

ちなみにこの本には、10年前に小生が解いてみた時に、一目で分からなかった問題の番号に「○」のチェックを入れてあり、息子がチェックの入っている問題をどうにかして解いた時には、自慢げに披露していたのが印象的です。

ささいなことですが、父親が(一目で)解けなかった問題を解いたことで、「父親を超えた」と思っているかもしれません。

平手(駒落ちなしでハンディが無い状態)で父親に将棋で勝ち、早く将棋で父親を超える日が来ることを願っている毎日です

P.S.ちなみに囲碁に関しては、互戦(ハンディなし)で息子に負けることも
  多くなってきました。

  この領域では、すでに父親を超えているかもしれません。
  
  同じ時期から始めた囲碁に関しては、やはり若い方が上達が
  圧倒的に早いという事を痛感しております。




↓ブログ更新の原動力となっています。クリックをお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育法(親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
育児開発  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

コメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://djqoo.blog.fc2.com/tb.php/314-e698ca92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。